このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookにシェア
|  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |

2017/0203Fri運営スタッフ2月3日(金)乃木坂46 3期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2017年2月3日(金)公演 乃木坂46  3期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!

☆第二幕出演者
DSC_6356.JPG

ジョバンニ:久保史緒里
カムパネルラ:向井葉月
サソリ:中村麗乃
(敢闘賞:中村麗乃)

※各役の立候補者
ジョバンニ:伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、与田祐希(6名)
カムパネルラ:阪口珠美、佐藤楓、向井葉月、吉田綾乃クリスティー(4名)
サソリ:中村麗乃、山下美月(2名)


初日から一夜明けた2月3日。この日はオープニングから多くのメンバーの表情に笑みが浮かび、少しだけリラックスしているようにも見えた。しかし自己PRが始まると、初日公演が終わり帰宅してから落選したことが悔しくなったと吐露するメンバーも見受けられた。そんななか、阪口は乃木坂46「ブランコ」の節で自己紹介をたどたどしく始めたり、向井はポケットから恵方巻きを取り出して食べ始めたりと、個性を発揮しだす。
エチュードでは梅澤と向井を相手に自分だけ取り分90万円と言い出す伊藤の独奏ぶりが目立ったAチーム「100万円拾う」、大園が突然二足歩行の動物を演じ始めたと思ったら、途中で飽きて山下にバトンタッチ、さらに岩本まで無茶振りされたBチーム「夜の動物園」、新人バイトの吉田と強気な店員の久保が弱気な店長の阪口を振りまわすチームC「アルバイト初日」、「耳からミサイル、目からビーム、死ぬ」という謎の展開が印象的なDチーム「停電」と、それぞれカオスな展開が繰り広げられた。
気になる立候補では、ジョバンニ役をこの日最多の6人で競い合い、前日のカムパネルラ役に続いて久保が連続選出。カムパネルラ役では向井が初の第二幕出演を果たす。そしてサソリ役では中村と山下が一騎打ち。感情を爆発させた演技で観客の心をつかんだ中村がサソリ役を獲得したほか、彼女は敢闘賞にも選出される活躍ぶりを見せた。
終演時、向井が「頑張れば選んでもらえるんだってわかりました!」と笑顔で挨拶した。3日目以降ほかのメンバーの頑張りが公演にどのような影響を及ぼすのか、今から楽しみでならない。
※2月2日公演 エチュードのチーム分けおよびお題
A:伊藤理々杏、梅澤美波、向井葉月「100万円拾う」
B:岩本蓮加、大園桃子、山下美月「夜の動物園」
C:久保史緒里、阪口珠美、吉田綾乃クリスティー「アルバイト初日」
D:佐藤楓、中村麗乃、与田祐希「停電」

(文:西廣智一)

2017/02/03 23:55|個別ページコメント(28)

2017/0203Fri運営スタッフ2月2日(木)乃木坂46 3期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2017年2月2日(木)公演 乃木坂46 3期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!

☆第二幕出演者
20170202_n46pri1.jpg
ジョバンニ:山下美月
カムパネルラ:久保史緒里
サソリ:阪口珠美
(敢闘賞:向井葉月)

※各役の立候補者
ジョバンニ:伊藤理々杏、梅澤美波、山下美月、与田祐希(4名)
カムパネルラ:岩本蓮加、大園桃子、久保史緒里、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、吉田綾乃クリスティー(7名)
サソリ:阪口珠美(1名)


ついに3期生12人による初舞台『3人のプリンシパル』が幕開け。メンバーはステージに現れると、早くも数名の瞳に涙が浮かぶ。ファンで埋め尽くされた客席を前に、公開リハーサルでは感じられなかった強烈な緊張感と、初日ならではの独特な空気感が入り混じり、3期生はガチガチになりながらも第一幕にのぞんだ。
第一幕はダンス、自己PR、エチュード、演技の各審査で構成される。
自己PRでは緊張していたメンバーも、エチュードになると途端に生き生きとし始める。Aチーム「爆発3分前」では、最年少の岩本が自由奔放ぶりを見せたかと思うと、マイペースな大園は独特のスパイスに。Cチーム「夜のプール」では、向井がプールに生えた藻を食べ始める異様な展開に、会場が爆笑の渦に巻き込まれる。そしてDチーム「ジェットコースター」では与田の低身長をネタに、なぜか低身長専用ジェットコースターが誕生。こうした組み合わせの妙から各メンバーの関係性が浮き彫りになるだけに、今後もエチュードには注目しておきたい。
そして、立候補もプリンシパルらしく、初日から波乱の展開に。カムパネルラに7人が立候補したかと思うと、サソリには阪口ひとりのみ立候補。このガチっぷりには、観客以上にメンバーがもっとも驚いたことだろう。
なお、この日は岩本蓮加13歳の誕生日。終演時にサプライズでメンバー、観客と一緒にお祝いをした。
※2月2日公演 エチュードのチーム分けおよびお題
A:伊藤理々杏、岩本蓮加、大園桃子「爆発3分前」
B:梅澤美波、阪口珠美、中村麗乃「透明人間」
C:久保史緒里、向井葉月、山下美月「夜のプール」
D:佐藤楓、吉田綾乃クリスティー、与田祐希「ジェットコースター」

(文:西廣智一)

2017/02/03 12:46|個別ページコメント(35)

2017/0203Fri運営スタッフ乃木坂46 3期生初公演「3人のプリンシパル」公開リハーサルレポート

17020301.jpg

乃木坂46 3期生による初公演『3人のプリンシパル』が2017年2月2日から12日にかけて、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開催。初日公演を目前に、報道陣を対象とした公開リハーサルが2日午後から行われました。

17020302.jpg

『3人のプリンシパル』は、乃木坂46の1期生、2期生が過去に経験してきた『16人のプリンシパル』を新たな解釈で再構築したもの。全二幕からなるキャスティング参加型演劇となっており、一幕で参加メンバーの公開オーディションが行われ、観客はどのメンバーがどの役にふさわしいかを幕間に投票。その投票結果を受けて、二幕に出演するメンバーが決定するというものです。今回は文字通り、3期生12人がオーディションに挑み、二幕に出演するための3役をダンス審査、自己PR、エチュード、演技審査で競います。 

公開リハーサル開始前には、囲み取材も実施。3期生12人はそれぞれ、初公演に対する意気込みを語っていきました。

伊藤理々杏:3期生の魅力がたくさんお客様に伝わるような、そんな舞台にしたいと思います。
岩本蓮加:最年少だけど諦めずに、今まで練習してきた成果を発揮できたらいいなと思います。
梅澤美波:最後の公演を迎えたときに、今までの自分とは違った自分になって、応援してくださる方のために舞台に立ちたいです。
大園桃子:舞台上で絶対に泣かないように頑張ります。
久保史緒里:この機会を無駄にせず1回1回の公演を大切に、3期生の存在を多くの方に知っていただけるように頑張ります。
佐藤楓:最後まで絶対に諦めずに、自分らしく頑張りたいです。
阪口珠美:公演が終わった頃には自分に自信を持って、堂々とステージに立ちたいです。
中村麗乃:3期生12人みんなで素晴らしい舞台を作れるように頑張りたいと思います。
向井葉月:本気でやることと、ケータリングのお菓子を食べすぎないようにします。
山下美月:この公演の中で、ファンの皆さんに私のキャラを見つけていただけたら嬉しいなと思います。
吉田綾乃クリスティー:最初は不安や緊張がすごくあったんですけど、今は楽しみな気持ちもあるので、自分なりに頑張っていきたいです。
与田祐希:目標は、最後まで諦めないこと、自分に負けないこと、強くなることです。自分らしく精一杯頑張ります。

ステージに登場していた時点で涙を流していた大園。『3人のプリンシパル』特設サイトのプロフィール欄には「もう泣かない」と書いていた彼女がなぜ泣いているのか聞かれると、「緊張してます......練習してきたことが、緊張でできなくならないか不安です」と本音を吐露しました。

続いて稽古で苦労した点を質問されると、久保は「私が一番苦戦したことは、個性を見つけること。まだ、ずば抜けて何かひとつできることがなくて、すごく悩んだ時期もあったんですけど、この公演を通して何かひとつ自分の個性を見つけられたらいいなと思ってます」と回答。吉田は「(二幕の登場人物は)男の子の役で。私は仕草やしゃべり方が女の子っぽいと常に言われてきたので、そこをどう男の子っぽく見せられるかというところにすごく苦労しました」、阪口は「私は歌が苦手で。お稽古が始まってからは苦手な歌からも逃げずに、人より努力しようと意識しました」とそれぞれ答えました。

さらに先輩メンバーから何かアドバイスはあったかと尋ねられると、梅澤は「若月(佑美)さんと取材で一緒になったときに、個性を出すことに悩んでいると相談したら『そのままでも全然大丈夫。ファンの方はみんな味方だから、自分らしくやれば大丈夫だよ』とアドバイスをいただきました」とコメント。続いて山下は「生駒(里奈)さんと話させていただいたときに、プリンシパルって先輩たちの中でもつらいっていう認識があって、でもなんでそんなつらい舞台を3期生に与えるのか、その意味をちゃんと考えて10日間頑張ってねっていうお声がけをいただきました」、中村は「衛藤美彩さんから『プリンシパルは選ばれる選ばれないがあるから、精神的につらいとか思うことが出てくるかもしれないけど、それは今後絶対に自分の力になるから、最後まで諦めないで頑張ってね』って言葉をいただきました」とそれぞれのエピソードを語りました。

囲み取材が終わると、いよいよ公開リハーサルに突入。一幕は2012年の『16人のプリンシパル』を踏襲する内容・構成で、途中で「君の名は希望」や「きっかけ」などの乃木坂46ナンバーがフィーチャーされます。自己PRでは、それぞれが趣向を凝らした内容で自身のことを観る者に伝えていきます。ここでは最年少の岩本がこの日、13歳の誕生日であることを明かしつつ、新体操をしながら自分の名前「れんか」であいうえお作文を披露。伊藤はバトントワリングをしながら歴史上の人物の名前を暗唱し、山下はエアボーリングをしながら自己紹介をして観客の笑いを誘いました。

17020308.jpg

また、エチュードでは3人1組となり、「節分」や「バレンタイン」など提示されたお題で2分間の即興演技を繰り広げます。その後は、二幕の演目「銀河鉄道の夜」の主要3キャストへの立候補を発表。この日はジョバンニ、カムパネルラ、サソリにそれぞれ4人ずつ(ジョバンニ:伊藤、岩本、山下、吉田。カムパネルラ:大園、久保、佐藤、向井。サソリ:梅澤、阪口、中村、与田)が立候補し、演技審査ではそれぞれの役のセリフを読み上げ、個々の演技力を発揮させました。

17020309.jpg

ここまでで一幕が終了し、その後観客は「各役の立候補者の中で一番ふさわしい」と思うメンバーを選び、携帯電話を用いて各役の立候補者に投票していきます。また配役3役に加え、本日の敢闘賞も選出。この結果次第で、同票の際に敢闘賞の得票数が多いメンバーが上位に選ばれます。

投票が終了すると、いよいよ結果発表へ。この回ではジョバンニに山下、カムパネルラに久保、サソリに阪口が選出され、二幕出演を果たしました。そのまま転換を経て、ついに二幕「銀河鉄道の夜」がスタート。ここからは、過去の『16人のプリンシパル』や『すべての犬は天国へ行く』『墓場、女子高生』など乃木坂46出演舞台ではおなじみの柿丸美智恵さん、そしてテレビや舞台などで活躍する酒井敏也さん、大高洋夫さんという、3期生とともに物語を作り上げるベテラン俳優さん3人が加わります。山下、久保、阪口の3人は初舞台とは思えないほど、堂々とした演技と繊細さを持ち合わせたセリフ回しで熱演。劇中ではストーリーの進行にあわせて、乃木坂46のヒット曲も披露されます。そして終盤には、残念ながら役を勝ち取ることができなかったメンバー9人も、アンサンブルとして物語に花を添えました。

17020304.jpg
17020303.jpg

こうして「銀河鉄道の夜」が無事終了すると、最後はカーテンコールとしてミニライブを実施。制服姿に着替えた3期生は、「ぐるぐるカーテン」など3曲をパフォーマンスして、約2時間半におよぶ公開リハーサルを終えました。

17020305.jpg
17020307.jpg 

昨年12月に日本武道館で行われた「お見立て会」で初ステージを経験した3期生が、プリンシパルの洗礼を受けることでどう成長していくのか。2月12日の千秋楽まで、皆様ぜひご注目ください!

17020306.jpg

なお、このページでは毎公演後の公演日報をアップしていく予定ですので、ぜひチェックしてみてください!

2017/02/03 12:43|個別ページコメント(44)

2016/1127Sun運営スタッフ生田絵梨花「レ・ミゼラブル」新キャストお披露目会見レポート

DSC_4305.jpg

2017年5月25日から7月17日にかけて、東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「レ・ミゼラブル」に生田絵梨花が出演。この舞台の新キャストお披露目会見が11月25日、東京都内で行われました。

「レ・ミゼラブル」は1987年の日本初演から来年で30周年を迎えるミュージカルの金字塔的作品。コゼット役を演じる生田をはじめとする新たなキャストが加わり、さらにパワーアップした30周年記念公演が上演されます。

DSC_4281.jpg

会見に登壇した生田は、「小学生の頃から何度も観ている大好きな作品なので、ここに立てていることをすごく嬉しく思います。舞台に出てお辞儀するときに、ちょっとフラッとしてしまうぐらい緊張していたんですけど、今日(出演者の)皆さんとお話ししてとても温かい素敵な方々ばかりで、また大先輩方にもこれから会っていきますので、たくさん背中を見て学びながらレミゼの世界に溶けこめるように頑張りたいと思います」と緊張気味に挨拶。続いて記者から「レ・ミゼラブル」のオーディションを受けた理由を尋ねられると、「初めて観た小4ぐらいのときは、まだ自分があのステージにという想像はまったくしていなくて。本当に雲の上のような、圧倒される舞台だったんですけど、中学生ぐらいからだんだんとコゼットに心が動くようになって、『私もいつか、あの役を演じたい』と声楽を始めて、夢から目標にしてずっとやってきました。今回がオーディション初挑戦だったんですけど、(合格して)とてもびっくりしています」とこれまでの経緯を話しました。

また、オーディションで印象に残っていることとして「『あなたは本当に楽しそうに歌うんだね』と言ってもらえたのをすごく覚えていて」と答え、「これから勉強しなくちゃいけないことや、プレシャーもいっぱいあると思うんですけど、楽しむことを忘れずに、コゼットの"光のような存在"みたいに頑張れたらいいなと思っています」と意気込みを口にしました。

DSC_4318.jpg

さらに、アイドルグループの一員として活躍する中で舞台やミュージカルに挑戦しようとする原動力は何なのかと質問されると、生田は「もともとこの世界に入ろうと思ったきっかけは、先がミュージカルでして。小学校低学年ぐらいに初めて観たのをきっかけに、そこを目指すようになったんです。だからアイドルになりたいと思って入ったというよりは、ミュージカルや舞台が好きというところからアイドルに、気づいたらなっていたんです。そこから、乃木坂で活動していく中でも『レ・ミゼラブル』に出たいという思いは、なくなるどころかますます強くなっていって。やっぱりやりたいことはこれだと、いろんな活動を通して再認識することができたし、そういう経験も自分を後押ししてくれました」と回答。そこから生田を起用した理由を製作陣に尋ねると、代表して司会者が「当初から生田さんはコゼット役のオーディションを受けていましたが、スタッフ側からするととにかく面白いオーディションだったと。当初はかなり緊張していて硬くなっていたようですが、外国人演出家から指導を受けていくうちに動きや表情がどんどん豊かになって、その変化にスタッフ全員が大きな可能性を感じた。その変化が、劇中でコゼットが少女から大人へと成長していく姿に被って見えたことから選びました」と説明しました。

2017年5月25日からスタートするミュージカル『レ・ミゼラブル』のチケット一般発売は、5・6月公演分が2月25日から、7月公演分が3月4日からスタート。なお、本公演開始に先駆けて5月21日〜24日にはプレビュー公演も実施されます。

2016/11/27 12:48|個別ページコメント(151)

2016/0827Sat運営スタッフ期間限定SHOP「乃木坂46×イセタン ガール」好評開催中!メンバー着用写真を公開!

2016年8月29日(月)まで、新宿伊勢丹本館2階=イセタン ガール イーストパークと、日本橋三越本店本館2階スペース#2にて、期間限定SHOP「乃木坂46×イセタン ガール」がOPENしています!

夏のライブで活躍すること間違いなしの、冷却タオルバンダナ、ハット、ウォーターボトル、スマートフォンホルダー、そして会場で一目浴びるアーティストコラボデザインのTシャツ、また、イセタンガールでも人気のブランド、ピンクハウスチェルシーとのコラボレーションも実現。オリジナルバンダナアイテムが登場しています。

店頭にて展示されているイベントグッズを着用した乃木坂46メンバーの撮影写真を特別に公開いたしますので、ぜひご覧ください!

会期:2016年8月29日(月)まで
展開場所:新宿伊勢丹本館2階 イセタン ガール、日本橋三越本店本館2階 スペース#2

■伊勢丹オンラインストア
http://isetan.mistore.jp/onlinestore/spcl/0156167/list
※お届けに10日~2週間かかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

西野七瀬
16082744.jpg

生田絵梨花
16082745.jpg

白石麻衣
16082746.jpg

齋藤飛鳥
16082747.jpg

2016/08/27 09:00|個別ページコメント(101)
|  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |

PROFILE

運営スタッフ

201709

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

運営スタッフ ARCHIVES