このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookにシェア
 1  |  2  |

2016/0329Tue運営スタッフ「BranCo!2015」決勝プレゼンテーション レポート

DSC_0682.jpg

2016年3月12日に東京・東京大学駒場東大キャンパスで開催された「BranCo! 2015」決勝プレゼンテーションに、秋元真夏、生田絵梨花、伊藤かりん、松村沙友理、若月佑美がサプライズ参加しました。

「BranCo!」とは2012年にスタートした、東京大学教養学部教養教育高度化機構と博報堂ブランドデザインが主催するブランドデザインコンテスト。参加者は課題となる商材が「どうあるべきか」をさまざまな側面から捉え直し、商品やサービスの「機能」だけでなく五感を刺激する「感情」までもデザインした新しいブランドを作り上げ、それらの商品化を目指してプレゼンしていきます。4回目となる今年は全国67大学147チーム647名の中から激戦を突破した4チームがそれぞれ異なる視点でプレゼンを行い、優勝を競いました。

今回サプライズでこのイベントに参加した"知的選抜・ノギザ課"の5人は、他の参加チームと同じく1チーム18分の持ち時間で、「学び」をテーマにしたプレゼンを展開。彼女たちは2月からこのプレゼンに向けて何度も討論を繰り返し、プレゼン内容やPowerPointによる資料もすべて自分たちでまとめて準備してきました。

学生たちのプレゼン発表が終わり、サプライズゲストとして乃木坂46の名前がアナウンスされると会場は騒然。5人が登壇すると、プレゼンを観覧していた学生たちから声援と拍手が送られました。そして司会者から自己紹介を求められた秋元が「今日はこんなにたくさんの学生さんの前でプレゼンするのですごくドキドキしているんですが、せっかくなので私、必殺技を持っているのでやらせていただきます。ここにお集りの皆さんのハートに、ズッキュン!」と、学生の皆さんに"ズッキュン"をプレゼント。その後も松村がいつものキャッチフレーズを披露して、場を湧かせました。

プレゼンではまず「学び」には「頭の学び」「心の学び」の2種類があるのではないかと考え、まず「心の学び」について乃木坂46のメンバー20人にアンケートを実施。この中で挙がった「握手会での学びが多かった」という意見から、「握手会から学んだこと」をピックアップしていきます。その結果、「自分の印象を良くする力」「相手のことを読み取る力」「相手に合わせる力」「相手に質問する力」「次につなげる力」という5つのポイントが重要ではないかと結論づけていきました。

そして彼女たちは「乃木坂流初対面克服法」として、「初対面克服BOOK『コミュカ』」と「逆握手会」を商品提案。ここでは「逆握手会」を実際にメンバーがわかりやすく実演してみせ、見事18分という持ち時間内でプレゼンを終了させました。

DSC_0645.jpg
DSC_0577.jpg
DSC_0651.jpg

プレゼンを終えた秋元は、「普段のライブでは大勢のお客さんの前に立ってるわけですけど、こういうプレゼンとなるとすごく緊張してしまったんですが、私たちなりの、精一杯できるコミュニケーション力の伝え方というのはできたんじゃないかなと思います」、かりんは「アイドルだから優遇されるとかそういうのはなくて、皆さんと同じ条件で作らせていただいたのでレベルの低いものになってないか不安なんですけど、私たちなりの精一杯を詰め込みましたのでご覧いただけて嬉しいです」とそれぞれコメント。

この機会に学んだことを尋ねられると、5人は「私たちが普段握手会で体感して自分たちの経験として持っているコミュニケーション力を大人数の人たちに伝えるということや、わかりやすく噛み砕いたりすることの難しさを感じました」(秋元)、「自分たちは何をして何を学んでいるのかを分析して、そこで今まで無意識だったけどこんなことを頭の中で組み立てて考えてたんだってことを発見することが学びにつながったのかなと思います」(生田)、「大学への憧れはあったんですけど、乃木坂46に入って大学へは行かなかったので、ずっとこういうことをしてみたくて。それをまさかこういう機会をいただけて、こうやって少人数でチームを組んで、新たにチームワークを作れたなって思っています」(かりん)、「今回学んだことは無駄話の大切さかなと思いました。『こんなこと言ってもなぁ』と思うようなことでも、言えばそこからで話が広がったし、思っていることを言う勇気を持つ大切さを学びました」(松村)、「最終結果に至るまでの過程が一番の学びだったなと思っていて。そしてその学びについて考え抜いて、結果として答えが出ないのも、ひとつ学びじゃないかなと思いました」(若月)とそれぞれ口にしました。

その後も5人は結果発表の際に再登場し、準優勝チーム、優勝チームメンバーの肩をたたいて受賞を伝える役目などを果たしました。

DSC_0501.jpg
DSC_0780.jpg
DSC_0718.jpg
DSC_0590.jpg
DSC_0532.jpg

2016/03/29 21:07|個別ページコメント(32)

2016/0329Tue運営スタッフ「アニメイト30周年プロジェクト」記者会見レポート

DSC_1227.jpg

アニメ・コミック・ゲーム・キャラクターグッズの専門店「アニメイト」が今年で30周年を迎えることを記念して、「アニメイト30周年プロジェクト」が始動。このプロジェクトの概要を発表する記者会見が2016年3月17日に東京・アニメイト池袋本店で行われ、乃木坂46から生駒里奈、佐々木琴子、松村沙友理の3人が登壇しました。

記者会見には3人のほか、声優の関智一さん、斉藤壮馬さんも出席。ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーの司会のもと、アニメイトの新ロゴ、「アニメイトガールズフェスティバル2016」開催、代々木アニメーション学院とのコラボ店舗「代アニメイト」、豊島区のバックアップによるプロモーション映像制作、定額制動画配信サービス「アニメイトチャンネル」、アニメイト30周年応援タイトルなど、さまざまな大型プロジェクトが発表されました。

トークセッションから参加の生駒、佐々木、松村はアニメイト店員のエプロン&名札を付けて登壇。大好きなアニメイトのエプロンと名札を身に付けて嬉しそうな生駒は、「よくアニメイトさんに来るんですけど、今日は店員さんになった気分です。しかも名札をそれぞれに作っていただいて、嬉しいです。持って帰っていいですか?(笑)」と周りに聞いてしまう一幕もありました。

それぞれ地元のアニメイトに通っていたという3人は、「ひとりで、黙々と集中して見て、『銀魂』のグッズとかを買ったりしてました」(佐々木)、「ここはひとりで来るところです(笑)。やっぱりひとりのほうが自分が好きなものをめっちゃ探せるんで、私もひとりで行きます」(生駒)、「学校の帰りに毎日寄っていました!」(松村)と思い思いにコメントしました。

DSC_1204.jpg

DSC_1203.jpg
DSC_1208.jpg

トークセッションのエンディングでは「あなたにとってアニメイトとは?」との質問に対し、佐々木は「『癒し』です。買ったグッズを見てるだけで幸せになれるし、実際にアニメイトに行っていろいろ見てるだけでも癒されるので、ちょっと疲れたなと思ったらアニメイトに癒されて、元気になって帰るんです」と回答。そして生駒は「『竜宮城』です。行くだけでもすごく楽しいし、家に帰っても楽しさが続いてる、世界で一番好きな場所ですね」、松村は「『修行の場』です。商品が膨大だし取り扱っている作品も膨大、自分にとって一番好みのものを見つけなくちゃいけないので、一番集中力を使うんですね。だからアニメイトに来たら自分の精神を研ぎ澄まして、自分の好きなものに向かって歩くという意味で『修行の場』だなと思うんです」とそれぞれの持論を展開して、記者会見を終えました。

DSC_1247.jpg

2016/03/29 19:16|個別ページコメント(23)

2016/0322Tue運営スタッフ「ギガ学割 Presents GIGA200 デビューライブ」レポート

DSC_2308.jpg

2016年3月22日(火)に東京・お台場ヴィーナスフォート2階 教会広場にてイベント「ギガ学割 Presents GIGA200 デビューライブ」が開催され、乃木坂46が扮するアイドルユニット「ギガ200」が初ライブを行いました。

DSC_2015.jpg
DSC_2018.jpg

ソフトバンクが今年1月からスタートさせた学割プラン「ギガ学割」のテレビCMから誕生したギガ200。イベントにはCMにも登場する子犬の「ギガ」の声を担当する生駒里奈のほか、秋元真夏、生田絵梨花、伊藤万理華、衛藤美彩、齋藤飛鳥、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美の14名が参加し、さらにゲストとしてお笑い芸人のキンタロー。さんも登壇しました。

イベント開催は当日朝に急遽発表されたものの、会場には大勢のファンが集結。さらにこの模様はLINE LIVEを通じて生中継され、会場に足を運べない人たちもパソコンやスマートフォンから視聴することができました。

イベントが始まると、子犬のギガちゃん風コスチュームを身にまとったギガ200がステージに登場。「皆さん、こんにちは、ギガ200です!」と挨拶すると、テレビCMでもおなじみのデビュー曲「200ギガあげちゃう」をパフォーマンスしました。

DSC_1942.jpg

可愛らしい歌とダンスで観客を魅了すると、「改めまして、皆さんこんにちは。ギガ200です」(生田)、「私たちはソフトバンク『ギガ学割』PRユニットとしてデビューしました」(橋本)、デビュー曲はさっき歌った『200ギガあげちゃう』です」(飛鳥)、「ソフトバンクのCMでも絶賛オンエア中です」(白石)、「はい、ギガちゃんもよろぴくぴくー!」(生駒)、「皆さんも『ギガ学割』、入ってください」(西野)とフロントの6人が挨拶。すると突然、ギガ200の衣装を身につけたキンタロー。さんがキレキレのダンスを踊りながらステージに登場。マイクを持つと、可愛らしい声で「こんにちはっ。はじめまして、皆さん。乃木坂46の田中志保です。みんなのホームベース、田中志保です!」と本名&独自のキャッチフレーズで挨拶して、ギガ200のメンバーと観客を爆笑させました。

司会者から「勝手に入ってますけど、(キンタロー。さんは)メンバーですか?」と問いかけられると、ギガ200の面々は「いやいやいや(笑)」と否定。するとキンタロー。さんは「なんでよーっ、みんなと全然変わらないじゃないのよーっ」と即座にツッコミを入れつつ、新規加入者を対象とした「ギガ学割」キャンペーンにちなんで「新規加入で、私も乃木坂46、ギガ200に加入しました!」とあくまでメンバーであることを強調しました。さらに「テレビCMのオーディションに出てなかったですよね?」との問いには、「シード枠で」と回答しました。

その後、西野が「ギガ学割」の内容について説明。さらに白石から「この夏、私たち乃木坂46は全国ツアーを行います!」、生駒からも「そのツアーのチケットを抽選で皆さんにあげちゃいます!」とサプライズ発表がありました。ツアーの詳細については後日発表予定。また、この「『ギガ200』に会えるチケットあげちゃう♪キャンペーン」にはソフトバンク以外のキャリアを利用している人もウェブから応募可能。キャンペーンの詳細については、「ギガ学割 ギガやばい!あげちゃう攻撃」キャンペーン特集サイトにてご確認ください。

この発表を受けて、キンタロー。さんが全国ツアーに参加する気満々なのに対して、飛鳥が「申し訳ないんですけど、志保ちゃん(キンタロー。さん)は人よりちょっと顔のサイズが......」とやんわり拒否。するとキンタロー。さんは飛鳥もとまで走っていき、「どこが!? 全然一緒じゃないのよーっ!」と隣に並んで2人の顔の大きさを比較して会場を爆笑の渦に巻き込みました。

イベントの最後には、観覧エリアの観客へスペシャル企画も実施。ギガ200のメンバーが投げたカラーボールを見事キャッチした人にメンバーのサイン入り「ギガ学割」オリジナルポスターを、キンタロー。さんが投げた金色のボールをキャッチした人にはギガ200とキンタロー。さんのサイン入り「ギガ学割」オリジナルポスターをプレゼントしました。さらにボールをキャッチできなかった人にも、ギガちゃんシール&ノートが配布されました。

イベントエンディングでは西野が「皆さん、まだ入ってない方はギガ学割、お得なのでお願いします!」、白石が「そして私たち、ギガ200の応援もよろしくお願いします!」と改めて挨拶。こうして約20分にわたるイベントは無事終了しました。

DSC_2324.jpg

学生も家族も!ギガ学割 | 特集 | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/special/gakuwari/

2016/03/22 21:16|個別ページコメント(28)

2016/0321Mon運営スタッフ「生駒里奈1st写真集『君の足跡』発売記念お渡し会」レポート

16032147.jpg

2016年2月23日(火)、東京・福家書店新宿サブナード店にて生駒里奈1st写真集「君の足跡」の発売記念お渡し会が開催されました!

16032150.jpg

お渡し会の前に行われた記者会見では、まず今回の写真集について「"10代の女の子"をテーマにした作品です。セーラー服や制服を着た作品に参加したいという夢を、青山(裕企)さんとファンの皆様が後押しして叶えてくれた、皆様のおかげで出来た写真集です」と述べました。

16032148.jpg

お気に入りの写真について訊かれると「私の趣味が出てる、黒いセーラー服で黒いタイツを履いている写真です(笑)こういうのを撮りたいって自分で言いました。」と答えました。

また、「乃木坂46時間TVの休憩時間にみんな見てくれて、『生駒ちゃんの色がちゃんと出た作品でよかったね』ってみんな言ってくれました」というエピソードに続き「乃木坂46にはほんとに、被写体としてすごく魅力的な女の子が沢山います。私が最近けっこう『おっ、いいな』って思ってるのは寺田蘭世っていう2期生の子とか、あと1期生の樋口日奈ちゃんという子もすごく好きですし、純粋に自分の趣味で撮ってみたいなっていう子が多いです(笑)」とプレゼンする場面も。

そして話題が「乃木坂46時間TV」に及ぶと「生配信の番組をさせて頂いて、いつも行けない地方にメンバーが行ったというのが一番大きかったかなと思います。私の出身地の秋田もそうですけど、全国ツアーで行けない、そういう地域に行ってリアルタイムでファンの人と繋がれたっていうのが、改めて出会いがあってすごく良かったです」と語りました。

「20代にしたいこと」について問われると「乃木坂46としては、もっとメンバー全員の活躍の場を広げるために、自分が出た番組とか雑誌に他のメンバーも呼べるくらいの成績を残したいです。」と話し、最後は「写真集を見て私にも興味を持って頂きたいですし、乃木坂46のメンバーにも興味を持って、乃木坂を大好きになってほしいです」と意気込みを語りました。

お集まりいただきました皆様、ありがとうございました!

16032149.jpg
16032151.jpg

■乃木坂46 生駒里奈1st写真集『君の足跡』
発売日:2016年2月24日(水)
定価・仕組み:B5判 128P ソフトカバー 本体1574円+税
撮影:青山裕企
幻冬舎刊

2016/03/21 21:43|個別ページコメント(49)

2016/0321Mon運営スタッフ「【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-」公開稽古レポート

DSC_1911.jpg

井上小百合、樋口日奈がWキャストで出演する舞台「【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-」が3月17日から27日にかけて、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。このゲネプロ(公開稽古)が17日に実施されました。

DSC_1860.jpg
DSC_1901.jpg

2014年上演の「學蘭歌劇『帝一の國』」、2015年上演の「學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム-」に続く第3弾にして完結編となる今作。井上と樋口は過去2作同様に白鳥美美子をWキャストで演じます。ゲネプロには初日公演に出演する井上が参加し、時にコミカルに、時にエモーショナルにと、本番さながらの熱演を繰り広げました。また劇中では演技のみならず、歌やダンスも披露。乃木坂46での姿とはひと味違った2人の佇まいを、ぜひ会場でご覧ください。

DSC_1306.jpg
DSC_1355.jpg
DSC_1513.jpg

なお、大千秋楽となる3月27日18時の公演回では「學蘭歌劇『帝一の國』卒業式」も実施。「學蘭歌劇『帝一の國』」らしく最終章を締めくくります。さらに、この大千秋楽公演の模様が楽しめるライブビューイングも全国の映画館にて開催決定。詳細はライブビューイング情報サイトにてご確認ください。
http://liveviewing.jp/teiichi/

2016/03/21 20:38|個別ページコメント(20)
 1  |  2  |

PROFILE

運営スタッフ

201603

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

運営スタッフ ARCHIVES

MEMBER