このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookにシェア
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |

2019/0418Thu運営スタッフ4月18日(木)公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2019年4月18日(木)公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!


☆第二幕出演者

p_0418.jpg

ロミオ:賀喜遥香
ジュリエット:掛橋沙耶香
それ以外ぜんぶ:田村真佑


※各役の立候補者
ロミオ:賀喜遥香、早川聖来(2人)
ジュリエット:掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、矢久保美緒(6人)
それ以外ぜんぶ:遠藤さくら、田村真佑、筒井あやめ(3人)



11公演目を迎えた4期生の初舞台『3人のプリンシパル』。本日はジュリエット役に過半数の6人が立候補。それ以外ぜんぶ役を遠藤さくら、田村真佑、筒井あやめの3人で競い、ロミオ役は賀喜遥香と早川聖来の一騎打ちとなった。


演技審査では、ジュリエット役に名乗りを上げた6人がそれぞれ個性の異なるジュリエットを実演。掛橋沙耶香は演技審査を始めたところで涙があふれるも、感情をセリフにぶつけ、悲劇のヒロインらしさが強調された演技を見せる。それとは対照的に、金川紗耶は笑顔でいっぱいのジュリエットになりきり、初めてジュリエット役に立候補した矢久保美緒はまるで駄々っ子のような動きで観る者をクスリとさせた。


そして、第2幕に出演する機会の多い賀喜と早川だが、意外にもロミオ役を競い合うのはこれが初めて。ストレートで力強い男役になりきる賀喜と、アドリブを加えた感情豊かな早川という好対照なロミオ役を演じてみせた。


自己PRの場面ではいつも以上に感情が込み上げて涙するメンバーが多く見受けられたものの、結果発表時には全員が晴れやかな表情でステージに立つ。こうした激戦を経て第2幕出演を決めたのは賀喜(ロミオ役)、掛橋(ジュリエット役)、田村(それ以外ぜんぶ役)の3人。賀喜はこれが4度目のロミオ役、掛橋は4月12日公演以来2度目のジュリエット役、そして田村はこれが初めてのそれ以外ぜんぶ役となる。


第2幕を終えたあと、ミニライブ時に感想を求められた3人。賀喜は「稽古のときからずっと聖来と練習していて、お互い相談しながら一緒に頑張ってきました。だけど、今日は『私、出ていいのかな?』と不安で。でも、2幕が終わってから聖来が『良かったよ』と言ってくれたので、やれてよかったです」と涙ぐみながら思いを吐露する。すると、隣にいた掛橋も泣きながら「今日、最初に泣いちゃったのは、ただ単に自信がなかったから。正直、泣いたから選んでもらえたのかなって、素直に喜べなくて......でも、よく遊んでくれるはるちゃん(賀喜)とまゆたん(田村)が一緒にやってくれたから、間違っちゃったけど、不安はあまりなくできました」と語り、田村も「今日が2回目の第2幕。この2人(賀喜、掛橋)がいたから、この3人だからこその素敵な舞台がやれたと思います」と続けた。


『3人のプリンシパル』も残すところあと3日。平日公演は明日19日が最後となる。日々さまざまな組み合わせの「ロミオとジュリエット」が演じられてきたが、この先どんな組み合わせが生まれるのか、楽しみにしておこう。


(文:西廣智一)



■乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」
http://www.nogizaka46.com/principal/4th/

2019/04/18 23:59|個別ページコメント(0)

2019/0417Wed運営スタッフ4月17日(水)公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2019年4月17日(水)公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!


☆第二幕出演者

0417.jpg
ロミオ:清宮レイ
ジュリエット:筒井あやめ
それ以外ぜんぶ:賀喜遥香


※各役の立候補者
ロミオ:金川紗耶、清宮レイ、早川聖来(3人)
ジュリエット:北川悠理、柴田柚菜、筒井あやめ(3人)
それ以外ぜんぶ:遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、田村真佑、矢久保美緒(5人)



4期生の初舞台『3人のプリンシパル』も本日で10公演目。演技審査は昨日からランダムで名前を呼ばれており、メンバーはその都度臨機応変に対応し、堂々とした演技を見せていく。


この日はロミオ役とジュリエット役に各3人、それ以外ぜんぶ役に5人が立候補。前日、ロミオ役で少年のように透明感のある男役を演じた筒井あやめはジュリエット役に名乗り上げ、打って変わって可憐な少女ぶりを披露。個性的な演技で独特の空気を作り上げる北川悠理、初日からこの役に全神経を集中し続ける柴田柚菜と対等に渡り合った。


10公演目の第2幕出演を決めたのは、清宮レイ(ロミオ役)、筒井あやめ(ジュリエット役)、賀喜遥香(それ以外ぜんぶ役)の3人。筒井は12日のそれ以外ぜんぶ役、16日のロミオ役を経て、本日で見事3役制覇を成し遂げた。また、清宮は13日昼公演以来2度目のロミオ役、賀喜は11日、14日昼に続いて3回目のそれ以外ぜんぶ役となる。


第2幕ではそれぞれが安定したセリフまわしで物語を進行。途中、賀喜が演じる乳母のマイペースな動きに、清宮や筒井が思わずクスリと笑ってしまう一幕もあったが、クライマックスでは迫真の演技で観客の目を惹きつけた。


ミニライブ中には第2幕出演の3人が舞台の感想をコメント。清宮が「今日で二度目(のロミオ役)でしたが、少し安心して、カッコよく演じることができたと思います」と話すと、筒井は「ロミオ役を演じるレイたんがすごく好きで、本当にカッコよくて。だから、一緒にやれてうれしかったです」と喜びを口にする。これを受けて賀喜が「2人が会話しているのを横から見ていることが多かったんだけど、ちょっとラブラブしていて。私も混ぜてほしかった(笑)」と返し、会場は笑いに包まれた。


早川聖来に続いて2人目の3役制覇を達成させた筒井。ほかにも3役制覇まであと一歩というメンバーも複数おり、ここから残り6公演でどこまで増えるのか気になるところだ。


(文:西廣智一)



■乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」
http://www.nogizaka46.com/principal/4th/

2019/04/17 21:45|個別ページコメント(31)

2019/0416Tue運営スタッフ4月16日(火)公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2019年4月16日(火)公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!


☆第二幕出演者

p_0416.jpg
ロミオ:筒井あやめ
ジュリエット:田村真佑
それ以外ぜんぶ:遠藤さくら


※各役の立候補者
ロミオ:筒井あやめ、早川聖来(2人)
ジュリエット:賀喜遥香、北川悠理、柴田柚菜、田村真佑、(4人)
それ以外ぜんぶ:遠藤さくら、掛橋沙耶香、金川紗耶、清宮レイ、矢久保美緒(5人)



初日から1週間が経ち、ついに2週目に突入した4期生の初舞台『3人のプリンシパル』。休演日を挟んで通算9公演目を迎えたこの日は、演技審査の順番がエントリーナンバー順ではなくランダムでの指名に変更。慣れ親しんだ流れが変わったことで、メンバーの間にも新たな緊張感が生まれる。


この回では、4公演目にそれ以外ぜんぶ役で初めて第2幕に出演した筒井あやめと、初日から第2幕出演を続ける早川聖来がロミオ役を競い合うことに。また、ジュリエット役には4人、それ以外ぜんぶ役には5人がそれぞれ立候補し、安定感のある演技で観る者を惹きつける。そんな中、それ以外ぜんぶ役で清宮レイが複数の役をギャップの激しいセリフ回しで演じ観客をクスリとさせると、矢久保美緒はアドリブでコミカルな動きを取り入れるなどして爆笑をさらった。


第2幕への切符を勝ち取ったのは、筒井あやめ(ロミオ役)、田村真佑(ジュリエット役)、遠藤さくら(それ以外ぜんぶ役)の3人。田村と遠藤はこれが初の第2幕出演となり、2人の名前がそれぞれアナウンスされると会場は大歓声と祝福の拍手で包まれた。そして喜びから涙を流す2人のもとにはそばにいたメンバーが駆け寄り、その喜びをみんなで分かち合った。


第2幕ではたどたどしい箇所も見受けられたものの、3人はそれぞれの役をストレートに演じてみせる。一方で中盤のリラックスしたパートでは筒井がアドリブを投入すると、第2幕初出演ながらも田村と遠藤がそれに合わせみせ、客席は爆笑に包まれた。


無事第2幕を終えると、ミニライブの合間に筒井が「2人とも頑張っていたのを見てきたから(選ばれたのが)本当にうれしくて。2人と一緒にやれて幸せでした」と喜びのコメント。すると田村は「ずっとジュリエットがやりたくて......緊張もしたけど、今日来てくださった皆さんの前で演じられてうれしかったです」、遠藤も「今までしたことのない緊張をしてしまって、たくさん間違えちゃって悔しいんですけど、この経験を活かしてこれからも頑張ります」とそれぞれ涙ながらに思いを口にした。


早川は初日からの第2幕連続出演がここでストップ。一方で遠藤、田村のように第2幕初出演組も増え、現在は筒井のほか賀喜遥香、掛橋沙耶香、北川悠理は3役制覇に王手をかけた状況だ。後半戦もどんなドラマが生まれるのか、ここからもぜひ目を離さないでほしい。


(文:西廣智一)



■乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」
http://www.nogizaka46.com/principal/4th/

2019/04/16 22:30|個別ページコメント(45)

2019/0414Sun運営スタッフ4月14日(日)夜公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2019年4月14日(日)夜公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!


☆第二幕出演者

0414_2.jpg
ロミオ:賀喜遥香
ジュリエット:早川聖来
それ以外ぜんぶ:北川悠理


※各役の立候補者
ロミオ:賀喜遥香、筒井あやめ(2人)
ジュリエット:柴田柚菜、田村真佑、早川聖来(3人)
それ以外ぜんぶ:遠藤さくら、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、清宮レイ、矢久保美緒(6人)



6日目を迎えた4期生の初舞台『3人のプリンシパル』。通算8公演目となるこの日のソワレではジュリエット役へは過去最少人数の3人、それ以外ぜんぶ役に過去最多の6人が立候補し、ロミオ役は賀喜遥香と筒井あやめの一騎打ちに。演技審査では個性的な芝居に挑戦するメンバーが目立ち、待機中の掛橋沙耶香がこらえきれずに何度か爆笑してしまうなど、比較的リラックスした雰囲気で進行した。


その結果、これまで3度ジュリエットに選ばれている北川悠理が激戦を制し、それ以外ぜんぶ役を初めて射止める。3度目のロミオ役となる賀喜、同じく3度目のジュリエット役を担う早川聖来との3人で第2幕に進出。この3人の組み合わせは配役こそ異なるものの、初日および5日目ソワレに続き3度目となる。


同じ役柄を何度も演じている賀喜と早川の2人は、安定の演技を披露。初めての役に緊張気味の北川を優しくリードしながら、力を合わせて物語を進行させていく。笑いを取るポイントにもすっかり手慣れた様子で、ここぞというアドリブでは客席を大きな笑い声に包んでみせた。


その後のミニライブで役を務めた感想を求められると、賀喜は「(ジュリエット役の)聖来がかわいくて、最後死んじゃうから泣いちゃった」と告白。すかさず早川が「死んじゃってごめんね」と謝罪し、北川は「(それ以外ぜんぶ役は)着替えが多いので、たくさん手伝っていただきました」とスタッフへの感謝を口にした。最後に、北川のたどたどしい音頭で11人全員が「ありがとうございました!」と挨拶すると、観客の温かい拍手と笑いを呼んだ。


12日間にわたって行われる『3人のプリンシパル』も、本公演をもって折り返し。休演日を挟み、後半戦は16日より開始される。ここまで全公演で第2幕出演を果たしている早川の牙城を崩すメンバーは現れるのか、引き続き注目したい。


(文:ナカニシキュウ)



■乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」
http://www.nogizaka46.com/principal/4th/

2019/04/14 21:20|個別ページコメント(35)

2019/0414Sun運営スタッフ4月14日(日)昼公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」公演日報

2019年4月14日(日)昼公演 乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」の公演日報をお届けします!


☆第二幕出演者

p_0414_1.jpg
ロミオ:掛橋沙耶香
ジュリエット:早川聖来
それ以外ぜんぶ:賀喜遥香


※各役の立候補者
ロミオ:掛橋沙耶香、清宮レイ、筒井あやめ(3人)
ジュリエット:北川悠理、柴田柚菜、田村真佑、早川聖来(4人)
それ以外ぜんぶ:遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、矢久保美緒(4人)



4期生の初舞台『3人のプリンシパル』6日目も、前日同様にマチネ&ソワレの2公演開催。通算7公演目となるマチネは、ロミオ役に3人、ジュリエット役およびそれ以外ぜんぶ役に各4人という均等なバランスでの立候補となった。


この公演では、初日からジュリエット役にこだわり続けた掛橋沙耶香が初めてロミオ役に挑戦。可憐な少女を演じてきた彼女が初めて太く荒々しい声で男役を演じ、男役が板につき始めた清宮レイ、筒井あやめが堂々とした演技で掛橋を迎え撃つ。


また、4月11日公演でそれ以外ぜんぶ役に選ばれて以降、ジュリエット役に名乗りを上げることが多かった賀喜遥香が久しぶりにそれ以外ぜんぶ役にチャレンジ。遠藤さくらや金川紗耶、矢久保美緒といったタイプの異なる演者と競い合った。初日以降第2幕への出演を続ける早川聖来も、11日公演以来にジュリエット役に立候補。北川悠理や柴田柚菜、田村真佑と第2幕出演を賭けて熱演を繰り広げた。


この日の第2幕出演者は掛橋(ロミオ役)、早川(ジュリエット役)、賀喜(それ以外ぜんぶ役)の3人。掛橋は自分の名前が呼ばれると、信じられないという驚きの表情を浮かべたが、隣にいた賀喜が掛橋の肩に手をかけエールを送った。


第2幕では少年のような純粋さが際立つロミオ役の掛橋を、第2幕出演経験の多い早川&賀喜が安定の演技力でカバー。物語中盤では3人の激しい動きとちょっとしたアドリブが加わり、客席からは自然と笑い声が上がった。


その後のミニライブでは、第2幕出演の3人が観客に挨拶。掛橋が「(自分には)男役はできないかなと思っていたので、(選ばれて)うれしいです!」と話すと、早川も「(第2幕で)バルコニーの上から見ていたら、下で笑顔を振りまく沙耶香が可愛くて。幸せでした(笑)」と笑顔を浮かべる。そんな2人対し賀喜が「舞台袖からバルコニーのシーンを見ていたら、普段の可愛さとは違うイケメン沙耶香になっていて。しかも、聖来も可愛かったし。最後のシーンも泣きそうになっちゃいました」と称賛を送ると、掛橋と早川は可愛らしい声で「ありがとー!」と返し、観る者をほっこりさせた。


このあと行われるソワレにて、『3人のプリンシパル』前半戦は終了。果たしてどんな結果で折り返しを迎えるのか、気になるところだ。


(文:西廣智一)



■乃木坂46 4期生初公演「3人のプリンシパル」
http://www.nogizaka46.com/principal/4th/

2019/04/14 16:30|個別ページコメント(26)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |

PROFILE

運営スタッフ

201904

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       

運営スタッフ ARCHIVES