このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookにシェア

2016/0501Sun運営スタッフ「『セブン‐イレブン×乃木坂46』記者発表会」レポート

2016年4月27日(火)に「『セブン‐イレブン×乃木坂46』記者発表会」が行われ、秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美の16名が出席しました。

16050118.jpg

昨年に引き続き、再び実現したセブン‐イレブンとのコラボレーション。その盛りだくさんの内容を、メンバーより発表させていただきました。

まず1つ目は、都内某所に1日限定で「セブン‐イレブン 乃木坂46店」がオープンすることを発表いたしました。これに伴い「店長」の白石をはじめメンバーそれぞれに役職が付与されました。「昨年のイベントの再来ですね」という司会の方の言葉に、「今年はもっともっと盛り上げて行きたいと思います!」と白石が力強く答えました。

「『セブン‐イレブン 乃木坂46店』お買い物イベント」には、6月29日(水)に発売が決定したDVD&Blu-ray「3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME」をセブン‐イレブンでご購入いただき、ご応募いただいた方の中から抽選で1,000名様をご招待いたします。
※詳しくはコチラをご覧ください。

続く2つ目は、「セブン‐イレブン限定ミニライブイベント」の開催を発表いたしました。本記者発表会にてタイトルが発表となりました、2ndアルバム「それぞれの椅子」のセブン‐イレブンだけの初回仕様限定盤タイプAのご購入特典として、先着4万名様をミニライブイベントにご招待いたします。
※日程等、詳しくはコチラをご覧ください。

そして3つ目は「真夏の全国ツアー2016 コンサートグッズ 初の会場外先行販売」を発表。普段はコンサート会場でしか購入できない応援グッズを、セブン‐イレブン限定で先行販売いたします。これについて星野は「今までのように並ばなくても大丈夫で、Tシャツも家から着て行けるのでとっても便利になっています」と話しました。
※詳しくはコチラをご覧ください。

さらに生田より「乃木坂46とおかめ納豆のコラボ」についても発表。「毎日冷蔵庫に入ってるので、すごい嬉しいです!」と目を輝かせました。

16050135.jpg

記者発表会に続く囲み取材では、「セブン‐イレブン 乃木坂46店」のスタッフを務めるメンバーの役職に質問が。「おでん保温係長」の役職について聞かれた橋本は、「私自身よくセブン‐イレブンさんのおでんの大根をよく食べるんですが、大根って温かい方がホクホクしてて美味しいので、ぜひみなさんにその「丁度いい」温かさ、熱さのおでんを提供できるように頑張りたいなと思います」と「おでん保温係長」への意気込みをしっかりとした口調で語り、記者の方を驚かせました。

また、2ndアルバム「それぞれの椅子」について聞かれた白石は、「新しいユニット曲、ソロ曲、二期生だけの楽曲や、今までとは違う新たなジャンルの楽曲もたくさん入っていて、ファンの方にもそうでない方にも乃木坂46を好きになってもらえると思うので、ぜひたくさんの方に聞いてもらえたら嬉しいです。」と答えました。

※他にもたくさんのコラボレーション企画が盛りだくさん!詳しくは「セブン‐イレブン 乃木坂46」特設ページをご覧ください。

秋元真夏
16050120.jpg

生田絵梨花
16050122.jpg

生駒里奈
16050124.jpg

伊藤万理華
16050131_1.jpg

井上小百合
16050130.jpg

衛藤美彩
16050134.jpg

齋藤飛鳥
16050128.jpg

桜井玲香
16050133.jpg

白石麻衣
16050119.jpg

高山一実
16050126.jpg

西野七瀬
16050121.jpg

橋本奈々未
16050123.jpg

星野みなみ
16050132.jpg

堀未央奈
16050129.jpg

松村沙友理
16050127.jpg

若月佑美
16050125.jpg

2016/05/01 01:30|個別ページコメント(62)

2016/0501Sun運営スタッフ「3期生オーディション」セミナー 東京会場レポート

2016年夏に開催予定の乃木坂46「3期生オーディション」に先駆けて、オーディション応募を希望する方を対象としたセミナーが3月下旬から全国各地で開催。その最終回が4月2日、東京・イイノホールにて行われました。

このセミナーは仙台、大阪、札幌、名古屋、広島、福岡、東京の7都市で計9回にわたり展開。抽選で選ばれた12歳から20歳までの女性を対象に、現役メンバーによる乃木坂46の普段の活動、オーディション時のエピソードや合格秘話などのトークショー、そしてVTR上映などが行われました。またセミナー終了後には、実際のオーディション会場で行われる写真撮影を再現した模擬撮影も実施。さらに、セミナー参加者の中から若干名の方に、夏のオーディションの一次審査(書類審査)を免除するシード権がプレゼントされる予定です。

最終回となった東京会場では13時からと15時半からの2回実施され、13時の回には橋本奈々未、新内眞衣、伊藤かりんの3名が出席。セミナーではまず30分におよぶVTRが上映され、オーディション時のメンバーの姿と現在の姿が紹介されました。VTRが終わると、いよいよメンバーがステージに登壇。セミナー参加者から盛大な拍手で迎えられた3人は、将来3期生になるかもしれない参加者に向けて「この中でもし合格する方がいたら、『あのとき、東京のセミナーに行ったんですよ』って会話ができるのかなと思うと楽しみです」(橋本)、「こういうセミナーは初の試みですし、こちらも緊張します(笑)」(新内)、「私はオーディションをたくさん受けてきたので、今の皆さんの気持ちがすごくわかります」(かりん)と挨拶しました。

DSC_2536.jpg

3人はまず、乃木坂46のオーディションを受けようと思ったきっかけや、オーディション時の思い出を話していきます。ここでは、かりんが「もともと乃木坂1期生オーディションに応募して落ちていて。二次審査では隣が白石さんだったんです」というエピソードなど、自らのオーディション時に印象に残っている話を参加者に伝えます。続いて合格後についての話題になると、寮生活を送る者、実家から通う者がそれぞれの利点を説明。さらに学業との両立についても触れ、メンバーはそれぞれの立場から、自身の考えや経験談を明かしました。

トークショー後半になると、3人は参加者に向けてオーディションでのアドバイスを伝授。橋本は「ぜひ自分自身を出していけたらいいんじゃないかなと思います」、新内は「何か1つ強い武器を持つと、あとあと楽かなと思います。今でも覚えていますが、北野日奈子はオーディションのときから雑誌を破いていたんですよ。『特技ないの?』って聞かれたときにそれをパッとできる子ってやっぱりいいなと思います」、かりんは「それぞれの良さを持ってオーディションに挑んでもらえれば。私も2期生オーディションのときに自分らしさを出して合格できたので、緊張している姿でもいいと思うので、そういう姿を出して挑んでもらえたら」と思い思いの言葉を伝えていきました。

終盤には参加者からの質問コーナーも実施。「乃木坂に入って変わったことはなんですか?」という問いには橋本が「健康にすごく気を遣うようになったこと」、「乃木坂に入って気をつけていること、毎日やっていることは?」という質問には新内が「怪我とかしないようにストレッチは毎日してます。あとは食べ物に気を遣うようになりました」と答えます。続いてかりんが「もともと乃木坂が好きでメンバーになると、乃木坂やメンバーのイメージは変わりましたか?」と質問されると、彼女は「これはよく聞かれるんですけど、ブログとかにそれぞれの性格が、隠しているようで出ているから、みんなの性格もグループも印象も見たまんまです」と回答しました。そして最後に「2期生が入るときに、生駒(里奈)さんが『2期生になるあなたへ』という文章を書いていたんですけど、それを皆さんにも読んでいただきたいですし、本気でやる気のある元気な子が来てくれたら嬉しいです」(かりん)、「年齢が高くても活躍できる場はきっとあると思うので、自分はダメかもしれないと思っても、まずは一歩踏み出すことだと思います」(新内)、「自分が今想像して思い描いているものといい意味でまったく違う世界というか、今思い描いている以上のことがこの先に待っていると思いますので、皆さん頑張ってください」(橋本)とエールを送って、約1時間にわたるセミナーを終えました。

15時半の回には白石麻衣、斉藤優里、中田花奈が出席。VTR終了後に登壇した3人は、参加者を前に「みんなカワイイなぁ」(中田)、「この中に今後一緒に活動していく子がいるのかなと思うと、すごく楽しみ」(白石)などと思い思いの言葉を口にします。そして、前の回と同様に、オーディションを受けたきっかけやオーディション時のエピソード、合格後の話などを次々に披露しました。

DSC_2608.jpg

オーディション合格後の話におよぶと、寮生活組だった優里は「つらいことがあったときは、他のメンバーのおうちに遊びにいっていろいろおしゃべりすることが、(近くに)家族がいないぶん心の支えになったり、いろいろ吐き出せたのかなと思います」と思い出を吐露。白石も「疲れて帰ってきたときも、ごはんを食べるスペースにみんなで集まって、みんなでワイワイ喋ったりしてリラックスできました」と続けました。

また参加者に向けてオーディションのアドバイスを求められると、白石は「やる気のある子は、審査してくださる方にも伝わりやすいのかなと思います。緊張はすると思うけど、そこで意思を固めて『私はアイドルになりたいんです!』ということを自分の言葉で伝えるのが大事」、中田は「自分としっかり向き合って、自分に何ができるのか、何が苦手なのかを早めに見極めることがいいのでは。自己PRでも自分のどこを見せればプラスになるのかがわかるだけでも、全然違うと思います」、優里は「ここにいる方の中にはオーディションを受けようか受けまいか、まだ迷ってる人もいると思うけど、例えば自分に自信がなくてもいいところを見つけてくれる人がいると思う。私は乃木坂に入ってから『声がいいよ』と言ってくださる方が出てきた」と思い思いに語りました。

さらに質問コーナーでは「スタイルを維持するために何かやっていることは?」との問いに、白石は「私は本当に食べるときは食べますし、セーブするのは良くないと思っちゃうんです。食べ過ぎたなと思う次の日はちょっとフルーツ多めとかバランスを取って、ストレッチとかマッサージとかをちゃんとやっています」と回答。「乃木坂に入って一番良かったことは?」という質問には、中田が「私はアイドルが好きなので、今アイドルの番組をやらせてもらっていて、毎月アイドルに会えるんです。自分の好きなことが仕事になっていることかな」、優里は「絶対に会うことがなかったであろう人たちと出会えて、友達になれたこと。乃木坂に入ったから、まいやんや花奈とも友達になれた」と返しました。そして最後に「乃木坂46はすごく仲の良いグループなので、みんなと仲良くできるようなメンバーが一番だと私は思うので、そういう子だったらどんな子でも嬉しい」(優里)、「私は本気で乃木坂のフロントとかセンターに立てるような、すごい存在を期待していて。今の乃木坂を変えてくれるような存在が来てくれたら嬉しいな」(中田)、「私はこれが武器ですというものが特にないまま入ったけど、そういうものがなくても乃木坂に入ってからいろんなお仕事をしていく中でたくさん見つかると思います。自分はこういうことができるんだな、こういうことが得意なんだなと新たな自分探しもできるので、一生懸命な子にぜひ入ってほしい」(白石)と参加者にメッセージを送り、セミナーを締めくくりました。

乃木坂46「3期生オーディション」は2016年夏に開催予定です。

2016/05/01 01:25|個別ページコメント(30)

PROFILE

乃木坂46

>>乃木坂46とは?

201605

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

ARCHIVES